報道局からのお知らせ

介護士の給料が8万円上がる!?10月開始の処遇改善加算を解説!

介護士の給料が8万円上がる!?10月開始の処遇改善加算を解説!
はとぽっぽ博士

介護福祉士の給与が上がると聞いたことはあるかな?

ササミレッド

ニュースで見たけど、実際の内容がよくわからないな

ナンコツブラック

この記事を読めば、悩みは解消だ!

モモニクピンク

あたし達と一緒に勉強しましょう!

スナギモイエロー

給与アップになる要件をまとめたよ!

テバサキブルー

制度の目的や課題もバッチリさ!

オーナー

わからないことは、お問い合わせフォームやプロフィールのフォローボタンで直接質問をしてね

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

勤続10年の介護福祉士に賃上げが確定

はとぽっぽ博士

介護職の給与アップを目的とする介護報酬改定の取り決めが決定したんだ

ササミレッド

適用は2019年の10月からと社会保障審議会で発表されたよ

はとぽっぽ博士

引き上げられる給与は介護職員処遇改善加算がベースとなるんだ

ササミレッド

要件を満たした介護福祉士は最大8万円の給与アップが可能になるのさ

賃金向上の目的

・人手不足の解消

新しい加算では、勤続10年以上の介護福祉士がキーワードになっています。
低賃金と言われる中、退職せずに現場で長く働いている介護福祉士への手厚い給与の確保が重要視されています。
今後、入職する介護職員にも給与のアップという目標を掲げることで、離職防止の試みもあります。

8万円の向上で全産業と同じ給与水準に

はとぽっぽ博士

長く働いている介護福祉士の給与を年収440万以上にするという目的があるんだよ

スナギモイエロー

介護の人材不足の原因は給与の低さだと国が考えているんだ

今回創設される処遇改善加算は、勤続10年以上の介護福祉士へ「月8万円の賃金向上」か「年収440万以上の給与」と待遇を良くするために設定されました。
ベテラン介護福祉士の給与を引き上げることで、人員の定着を図りたいという狙いもあります。
福祉施設介護員の平均年収(年収ガイド)

日本人の平均年収(平均年収.com)

処遇改善が適切になされた場合、勤続年数の長い介護福祉士は、全産業の平均と同額の賃金となります

新しい介護職員処遇改善加算制度

はとぽっぽ博士

新しい処遇改善加算には異なる注意するポイントが3つあるんだ

モモニクピンク

介護職の地位向上が基本的な考えになっているの

新加算のポイント

①介護報酬に一定の加算を加えることで、介護職員等の処遇改善に充当される。

②加算率は介護サービスの種別ごとに設定される。

③介護福祉士の資格があり、経験年数の長い職員に分配が優遇される。

介護職員処遇改善加算に関する基本的考え方(厚生労働省)

勤続10年以上の介護福祉士が多い事業所は加算率が高くなります。
訪問介護や、居宅介護支援にて介護職員が働いていない場合は、処遇改善の対象から外れます。

介護離職ゼロを実現するための新政策

はとぽっぽ博士

介護で仕事を離れてしまう人は年間に10万人いると言われているんだ。

ナンコツブラック

足りていない介護士を増やすには、賃金の向上が大切だというわけさ

日本では、厚生労働省を中心として、「介護離職ゼロ」に向けた介護人材確保対策が進められています。
「介護離職ゼロ」には3つの政策が中心となっており、新加算は離職防止や定着促進に含まれます。

介護離職ゼロに向けた対策(厚生労働省)

今回の処遇改善には1000億円という財源を介護職員の賃金向上に充当する予定になっています。

加算の対象になる事業所と、ならない事業所

政府は、処遇改善加算を取得するうえで「キャリアパス要件」を満たした事業所であることを条件としています。

キャリアパス要件には、介護職員の業務がきちんと評価される基準として、人事考課や昇給に関する取り決めなどが含まれます。

キャリアパス要件を満たしておらず、現在の処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅲ)の取得が出来ていない事業所は、新しい加算を取得することができません。

新加算の配分方法

はとぽっぽ博士

新しい加算の分配方法には、優先順位が決められているんだ

テバサキブルー

勤続10年が異なる法人でも良いのかは、職場によって判断が違うぞ!

勤続10年以上で役職の付いている介護福祉士が加算の割合が最も高いとされています。
勤続が同法人とするかは、加算を給与に割り振る事業所に任されています。
リーダー的役割を担っている介護職員というのも加算の判定基準として重要視されます。

加算の配分順位

①経験が長く、役職のついた介護福祉士

②経験が短く、役職のない介護職員

③看護師や機能訓練士といった他職種

※分配の割合は、②は①の50%、③は②の50%とする決まりがあります。

事業種別によっても加算率が大きく異なります。
訪問介護系は加算割合が高く設定されていますが、施設系は割合が低くなっています。

介護職員処遇改善加算(厚生労働省)

福祉・介護処遇改善特別加算(厚生労働省)
※処遇改善加算は高齢者サービス、処遇改善特別加算は障害福祉サービスとなります

加算の算定方法

事業所全体の報酬に、処遇改善加算は合算されます。

処遇改善加算の割合は、勤続10年以上の介護福祉士の割合で定められます。

介護福祉士の割合が同じ事業所の場合は、職場改善に力を入れている事業所や、質の高いサービス提供に努めている事業所に、報酬が上乗せされる仕組みが取られます。

政策の問題点

はとぽっぽ博士

10月から始まる新しい加算の制度について、問題点もあるんだ

ササミレッド

不公平な分配にならなきゃいいけど・・。

テバサキブルー

不正受給も大きな問題となっているよね

ナンコツブラック

頑張っている介護士さんに還元される仕組みになっているのか心配だ

対象になる介護士が少ない

介護職員の平均的な勤続年数は、訪問介護で5.6年、施設介護で5.5年であると厚生労働省が発表しています。

平均が6年未満であるため、せっかく給与を底上げする仕組みが出来ても、受け取れる人が居なければ意味がありません。

8万円の賃金向上は、長く勤めている介護福祉士にはとても嬉しいニュースですが、資格取得後に退職してしまった福祉職を呼び戻せるほどの影響力があるかは疑問が残ります。

介護業界の給与の差

ハツグリーン

給与が上がるからと言っても、入職して10年後のアップだよね

ササミレッド

ヤル気が続かない気もするなあ

今回の賃金向上の財源は消費税アップです。
税金を投入して、介護職員の給与を底上げしたとしても、反映されるのは一部のリーダー的介護職員です。
介護福祉士の平均賃金は23万円ほどで、看護師の28万円と比較すると5万円近くの差があります。

新しく介護職になりたいという人材の目標に、今回の加算を結びつけるのは現実的に厳しいでしょう。

支給額全てが介護福祉士の収入になるとは限らない

処遇改善加算は、国民保険連合会に請求された介護報酬に上乗せされて、事業所が受け取ります。
事業所は、自社の基準に沿って、介護士への給与向上を判断します。

職場に毎に判断基準も異なり、加算申請された金額が全て職員の給与向上に充当されるかも不透明となる恐れがあります。

事業所によって給料の差が大きくなる

処遇改善加算の申請を始めとして、福祉事業所の加算手続きは、必要書類も多く手続きが大変です。

福祉事業では、取得できるはず加算を取っている事業所と、取っていない事業所の差が大きく分かれます。

経営事情が悪く、加算の申請も十分に出来ていない施設と、加算申請をキッチリと行い、収益を上げている施設の差が、この加算でも大きな差として生じるでしょう。

施設によっては、経営状態が悪く人件費の支払いも困難な場合、処遇改善が十分に行われないケースも想定されます。

処遇改善加算を取得した場合、事業所は加算をどの様に配分するのかを職員に説明する義務があります。

全ての事業所で、加算が給与にきちんと反映されているかはわかりません。

処遇改善加算の厳格な申請基準や、支払い状況についてより明確な審査を設ける必要もあるでしょう。

今日のおさらい

はとぽっぽ博士

今日は処遇改善加算について学んだね

モモニクピンク

勤続年数や役職で加算に差が出ることがわかったわ

スナギモイエロー

年数が短くても、介護福祉士なら加算が反映されることもわかったね

ナンコツブラック

8万円のアップになる人の割合は相当少ないんだな

テバサキブルー

きみの職場はどうなっているのか確かめてみよう!

ササミレッド

 分からないことがあれば、お問い合わせフォームやSNSボタンから、質問をしてね






介護アカデミー
カイゴジョブアカデミー