児童福祉

発達障害児の進路選択は?中学、高校で生じる学校での課題を解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

はとぽっぽ博士

お子さんの進学先で悩んではいないかな?

ササミレッド

選択肢が多くて、迷ってしまうこともあるよね

ナンコツブラック

この記事を読めば悩みは解消だ!

モモニクピンク

あたし達と一緒に勉強しましょう!

スナギモイエロー

普通学級や私立の学校での違いをまとめたよ

テバサキブルー

高校の特色もバッチリさ!

オーナー

わからないことは、お問い合わせフォームやプロフィールのフォローボタンで直接質問をしてね

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

中学での学校選択はどうする?

はとぽっぽ博士

通常学級が本当に合っているのか見直すポイントだね

中学校までは、義務教育となるため、通常学級、特別支援学校、特別支援学級といった選択肢があります。

通常学級に通っても、小学校の時と同様に通級指導教室に通うことも可能です。
中学生になると、学習内容がより複雑となるため、学習が苦手な子は苦痛な時間を強いられることにもなります。

小学校では通常学級だった子も、中学入学の際には、また進路選択を見直すのも大切です。

通常学級

中学生になると教科ごとに担当の先生が変わったり、先輩後輩関係が出来たり、新しい環境に馴染むのが難しくなる場合があります。

学習内容も難しくなるため、サポートの手を緩めないようにすることが大切です。

必要に応じて通級指導教室の利用を行うなど、その子に合わせた通学環境を整えることが大切です。

私立中学

地域によって学校の数にばらつきがありますが、首都圏には数多くの私立中学があり、発達障害の児童を積極的に受け入れている学校もあります。

実際に学校へ足を運んで、子供に合うかどうかを検討することが重要です。

また、受験勉強はつきものですが、追い込みすぎてあまり無理をさせないことも肝心です。

中学受験をする場合の注意点

ササミレッド

学校の雰囲気や、その子の特性をしっかりと把握することが大事だよ

発達障害を持つ子の中には、私立中学や、中高一貫校を受験する子も少なくありません。

「特化した得意分野の能力を伸ばしたい」

「少人数の中学校で、ゆとりを持って過ごさせたい」

など、理由はご家庭によって様々です。

しかし、受験をする場合、選択権は学校にあります。

発達障害であったとしても、学校から全ての事に配慮があると判断するのはよくありません。

参考資料

高校の種類と支援体制

テバサキブルー

高校には沢山の種類があるんだ

高校になると「特別支援学級」「通級指導教室」はなくなります。
特別支援学校の高等部では、専門的な知識をもつ教員の指導が受けられ、支援体制も十分とられています。
また、職業訓練も充実しており、発達障害のある子に対して、卒業後を見越した支援を受けることが可能です。

学校を選ぶ際は、子供自身が「ここに通いたい」と思える場所に決めることが大切です。

迷うことや決断できない場合は、助言をしてあげましょう。

高校進学は、子供自身が納得した画工を選ぶことが何よりも大切です。

保護者は「絶対にこの高校!」といった考えがあるかもしれませんが、無理に通うと予期せぬトラブルが生じる要因になる可能性もあります。

全日制高校

学力が高く、大学進学を考えるのであれば、普通科に進学するのがおススメですが、発達障害に対する支援体制が手薄なこともあります。

保護者や留年や退学の可能性も考えて支援を行うことが必要です。

子どもの興味や得意分野に応じて、工業高校や農業高校、芸術高校なども検討すると良いでしょう。

定時制高校

午前、午後、夜間など通学する時間帯を選び、自分のペースで学習をすることが可能です。

卒業にはコースによっては4年間必要な場合もあります。

通信制高校

基本的には自宅で学習をし、週に1~2回ほどスクーリングが設けられています。

他の生徒との交流が少ないため、性格によって向き不向きがあります。

モモニクピンク

子どもに合った学習方法がわからないわ・・・。

はとぽっぽ博士

せっかく伸びる可能性があるのに、適切な支援ができないのは悲しいね。
一度、プロに相談してみるのが良いかもしれないよ

家庭教師のがんば、無料体験レッスン

オーナー

きっとあなたの子どもにあった学習法が見つかるはずだよ

もし不登校になってしまったら?

モモニクピンク

何に悩んでいるのか、耳を傾けてあげて欲しいの!

お子さんから、急に「学校に行きたくない」と言われたら保護者は大きな不安に襲われます。

中学・高校と進学するにつれて、人間関係も学習内容もどんどんと複雑になり、発達障害のある子には、理解することが難しいことが増えていきます。

高度な社会性や、認知能力が求められる中で、居場所を失った事で、不登校といった手段を取っている場合もあります。

不登校になってしまった子は、自分のことを責めたり、落ち込んだりしています。

その際に、保護者は子供の言葉に耳を傾け、学校に相談して対策を考える必要があります。

通級指導教室の利用や、フリースクールへの通学なども視野に入れ、長い目で見て対応を行うことが大切です。

モモニクピンク

福祉の資格を取りたいけど、時間もお金も無いわ・・。

ナンコツブラック

あきらめるのは、少し早いぞ

テバサキブルー

  0円で福祉資格の取得ができ、就業支援までサポートしてもらえるところがあるのさ

資格から就業支援まで【カイゴジョブアカデミー】
ササミレッド

未経験の君も、カイゴジョブアカデミーで、プロの仲間入りだ!

今日のおさらい

はとぽっぽ博士

今日は、中学からの進路選択を学んだね

モモニクピンク

進路には沢山の選択肢があることがわかったわ

スナギモイエロー

受験で注意するポイントも理解できたね

テバサキブルー

これで、もう高校の種別に関してはバッチリだぜ!

ササミレッド

 分からないことがあれば、お問い合わせフォームやSNSボタンから、質問をしてね