児童福祉

発達障害児の進路選択は?普通学級や通級、特別支援学級の違い!

発達障害児の進路選択は?普通学級や通級、特別支援学級の違い!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

ナンコツブラック

福祉にまつわる疑問を、俺たち鶏肉ヒーローが解説するぜ!

モモニクピンク

あたし達と一緒に勉強しましょう!

スナギモイエロー

あなたや、あなたの周りで困っている人を、福祉の知識で助けてほしいんだ

テバサキブルー

わからないことは、お問い合わせフォームやプロフィールのフォローボタンで直接質問をしてくれ!

オーナー

今日は【発達障害児の小学校の進学】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

どの学校を選ぶのかは十分な検討が必要

はとぽっぽ博士

学校の先生はもちろん、療育センターのスタッフなど専門家に相談してみよう

知的な障害がある場合や、重度の発達障害がある場合には、「特別支援学校」の選択しがあります。

しかし、発達障害があっても知的障害が軽度である場合や、知的障害が見られない場合には通常の小学校へ入学します。

その際に「通常学級」か「特別支援学級」を選択するかが難しい判断となります。

各自治体では、入学前年度の児童を対象に就学相談を行っています。

それぞれの学級の特性を教えてもらいながら、子供の状況を伝えて意見を聞くとよいでしょう。

秋頃には、就学時健診が行われます。

翌年4月に入学予定の児童に対して、身長体重測定、発達検査、内科、歯科、耳鼻科、眼科の健診を行います。

就学前健診で、就学指導委員会が進学先の学校の提案をすることがあります。

※提案に従う必要はありませんが、参考にするとよいでしょう

通常学級での生活はいい影響を与えるの?

モモニクピンク

無理して普通学級で勉強することがストレスにならないかしら

テバサキブルー

低学年は勉強もゆっくりなため、健常児と接する大切な機会だと考える先生もいるぜ

保護者は学校選びにとても迷う事でしょう。 学校選びの基準は、「楽しく通えるか」「問題なく学ぶことが出来るか」です。

『通常学級に行ければよい』と考える人もいますが、発達障害という特性を持つ子にとって通常学級が最良の選択というわけではありません。

クラスメイトや先生が障害特性を理解して接してくれるでしょうか。 問題の無い児童とみなされて、本来受けられる支援が受けられないといったケースもあります。

なるべく早い段階で選択肢としてある学校を訪れ、支援体制や教育方針を確認し、不安なことは率直に相談しましょう。 通常学級に入る場合にはなおさら配慮が必要です。

「子供と接する仕事がしたい!」
「教員免許を活かした仕事につきたい!」
そんなあなたにピッタリ!

【名古屋市】就労支援に特化した、子供の未来を創る場所【放課後等デイサービス】

特別支援学級の特徴

スナギモイエロー

特別支援学級の教員には、専門性を問わないんだ

ナンコツブラック

学校によって指導レベルが大幅に異なるぜ

小・中学校内に設けられている、心身に障害がある児童のための少人数の学級です。 以前は「特殊学級」と呼ばれていました。

学校によって「たんぽぽ組」「なかよし学級」など様々な名称があります。 また、特別支援学級を設けていない学校や、身体障害児のみを対象として支援学級を設けている学校が存在します。

少人数指導で、個々の障害に応じた指導を受けられる面では、特別支援学校と同等ですが、教科学習や行事、給食、休み時間などに通常学級のお友達と交流をする機会があります。

オーナー

子供に合った学習支援はどうしたらいいんだろう・・・

モモニクピンク

そんな悩みをもつあなたに、強い味方よ!

家庭教師のがんば、無料体験レッスンお申込はコチラ

特別支援学校の特徴

ハツグリーン

学校内は構造化されており、いたるところに障害支援の工夫があるんだ

心身に障害をもつ子供のための専門的な学校です。

以前は、養護学校と呼ばれていました。

1クラス数人と人数に制限があり、教員の目が届きやすいといった特徴があります。

特別支援教育に特化しており、降車にも子供たちが過ごしやすい配慮がなされています。

原則として教員には、通常の教員免許の他、特別支援学校教員の免許が必要なため、発達障害についての専門的な知識も豊富です。

校内の子どもたちへの教育のみならず、近隣地域への助言や支援なども行っています。

どうして泣くの? どうして寝てくれないの?
どうして食べないの? どうして困らせるの?
どうやって遊んであげたらいいの?
どうやって躾けたらいいの?・・・

そんなあなたのお困りごとはコチラ!
学んで楽しい!」「知って納得!!」子育ては『ギフト』で学ぼう

通級指導教室を活用しよう

ササミレッド

通級を心の休まる場所として利用している子もいるぜ

通常学級に籍を置きながら、発達障害の子どものための通級指導教室(特別支援教室と呼称する場合もあります)に通う選択肢もあります。

少人数の指導を通して、社会性やコミュニケーション方法を学んだり、苦手科目を取り出し授業として利用することも可能です。

個別指導の時間もあるため、その子の学習指導を弱点に応じて密接に対応してもらうことが可能です。

 

通っている学校以外の学校で通級制度を利用する場合は、保護者の送り迎えが必要です。 教室によっては、週1回程度では必要なことが学びきれないため、頻度を高めている学校もあります

入学してからは、担任の先生との連携が非常に大切となります。 家庭訪問や個人面談では、一番最後の順番を希望して、しっかりと話を聞いてもらいましょう。
結婚の学校1日体験スクール 参加募集!

保育士として、もっと輝ける職場をお探しのあなたへ

モモニクピンク

子供達への支援に加えて、記録や保護者様対応・・・・
保育・教育のお仕事って大変だわ!

テバサキブルー

職員の離職理由は、サービス残業や制作の持ち帰りなど、仕事量の多さが一番高いようだ

ササミレッド

厚労省の調べでは、有給休暇や育休産休が取りづらいなどで、退職する保育士さんもかなり多いようなんだ・・・。
運営体制に問題があって辞めてしまう保育士さんも少なくないというわけだな

はとぽっぽ博士

せっかく子どもたちに良い支援をしたいと考えている保育士さんが辞めてしまうのはもったいないことだね。
自分の理想の職場を見つけたい!
そんな方は、キャリアコンサルタントに相談してみるのが良いかもしれないね。

【転職相談】保育士人材紹介[保育士コンシェル]
オーナー

エントリーから就職まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっとあなたの理想の職場も見つかるはずだよ