高齢者福祉

居宅介護事業ってどんなもの?居宅介護サービス内容や設立に関するポイントを社会福祉士が解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、居宅介護事業所の要点を踏まえつつ

福祉関係者でない方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【居宅介護事業の開業】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

居宅介護事業とはどんなもの?

はとぽっぽ博士

居宅介護事業所は医療機関との連携も重要となる仕事だよ

居宅介護サービスは、入浴、排泄、食事、洗濯、掃除などの家事や生活全般にわたる援助を行う事業です。

重度訪問介護サービスは、重度の肢体不自由者であり、常時介護を必要としている障害者が自宅で日常生活を営むことが出来るように、生活全般にわたって援助を行います。

同行援護サービスは、視覚に障害があることで、移動が困難な障害者が生活できるように、外出で必要な情報を提供したり、障がい者の移動に同行するサービスです。

行動援護サービスは、障がい者が移動する際に生じる危険を回避するために必要な援助や、外出時における移動中の介護を行います。

居宅介護事業の人員配置と設備

ササミレッド

事業を営む上で、支援員や管理者など指定基準に沿った人員配置が必要なんだ

居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護のサービスを提供する居宅介護事業所は、2~3人の従業員と常勤の管理者を配置しなければなりません。

事業所の規模に応じて、サービス提供責任者の配置人数も変容します。

また、指定基準に沿って、居宅介護事業の運営に必要な広さを持つ専用の区画を設け、サービス提供に必要な設備を備える必要があります。


就労センター サービス管理責任者・無料登録募集プログラム

居宅介護事業を運営するための注意点は?

テバサキブルー

行政との連絡調整、利用者様の病状管理など、居宅介護事業はとても責任がある仕事さ!

居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護のサービスを提供する居宅介護事業所は、正当な理由なくサービス提供を拒むことはできません。

利用者様に対して、適切なサービスを提供することが難しい場合は、他事業所を紹介する必要があります。

事業者は、どういったサービスを提供したのか記録を行い、利用者様が費用面での援助を市町村に求める場合は、協力する必要があります。

サービス提供時に、利用者様の病状が急変した場合は、医療機関への連絡を行うことが義務付けられています。

また、事業者は、業務上知りえた利用者様の個人情報を正当な理由なく第三者に開示することが禁じられています。

他の障害福祉サービス事業者に利用者様を紹介することで、紹介料を享受することは固く禁じられています。


居宅介護事業の開業に関わる必要書類

モモニクピンク

居宅介護事業の申請書類には、申請書と添付書類が必要よ!

居宅介護事業を開業する際には、申請書と添付書類が必要です。

申請の形態によっては、提出が不要となるものもあるため、管理を行う市町村に確認と相談が必要です。

申請書類を行政に提出する際には、事業計画書、収支予算書を添付した事業開始届を行政に提出しなければなりません。

開業に必要な書類一覧

【申請書】
・指定申請書
・指定に係る記載事項

【添付書類】
・申請者の定款、寄付行為、条例に関する書類
・登記事項証明書
・事業所の平面図及び写真
・事業所の管理者の経歴書
・サービス提供責任者の経歴書
・サービス提供責任者の実務経験証明書
・運営規定
・主たる対象者を特定する理由書
・利用者様からの苦情解決措置の概要
・従業員の勤務体制、勤務形態一覧表
・居宅介護員の資格証明書の写し
・貸借対照表、財産目録などの法人資産状況がわかる書類
・就業規則
・役員名簿



申請書類作成の注意点

オーナー

指定申請書と記載事項はそれぞれ1枚の用紙にまとめられているよ

指定申請書

法人種別には、社会福祉法人、合同会社、株式会社、NPO、一般社団法人といった法人種別を記載します。
視程障害福祉サービスの欄には、実施するサービス名称の記載が必要です

居宅介護事業所の指定申請記入例
指定に係る記載事項

複数種類のサービスを提供する場合は、サービス内容欄に複数のサービス種類を記載して提出します。
居宅介護の指定と合わせて重度訪問介護の指定を受ける場合は、重度訪問介護についても記載します。

指定に係る記載事項記入例

福祉事業の開業を目指されているあなたへ

モモニクピンク

資金計画や、事業計画、テナントの契約・・・やらなければならないことが沢山だわ! 

テバサキブルー

人員基準を満たす従業員のリクルートは、手を抜いてはいけないポイントだぜ!いい人材の見極めは難しいからな

ササミレッド

始めるのも大変だが、事業継続はもっと大変だよ。
運営体制に問題があって廃業してしまう事業主も少なくないからね

はとぽっぽ博士

せっかく利用者さんに良いサービスを提供したいと考えている事業主さんが廃業してしまうのはもったいないことだね。
自分の理想の事業所を作りたい!
そんな方は、オンラインセミナーに目を向けてみるのもいいかもしれないね。

「より多くの顧客を毎月獲得するために福祉事業オーナーが必要とする全てのこと全5回のウェブ・セミナーシリーズ」

オーナー

賞与や残業時間の少なさも働く側にとっては嬉しい事だね。
あなたが作る理想の事業所はどういったところかな?