障がい者福祉

障害者総合支援法はなにが変わったの?平成30年度の改正で新設されたサービスを解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、平成30年度の障害者総合支援法の改正ポイントを踏まえつつ

福祉関係者である方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【今年度の改正で新設された事業】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

平成30年度の改正では、なにが変わったの?

はとぽっぽ博士

今年の改正ポイントは、個々のニーズに合わせたサービス提供体制の強化だね

ササミレッド

医療的ケアが、かなり重要視されているんだ

平成30年度4月から施行されている改正障害者総合支援法は、障害者の重度化、高齢化、医療的ケアを要する障害児や精神障害者の増加に伴い、障害福祉サービスをここに応じた提供体制の整備を行うことが中心となっています。

 

今回の改正は3つのポイントがあり、要点に基づいた各施策、制度の見直しが行われています。

①障がい者の望む地域生活支援
②障害児支援の多様化需要に、きめ細やかに対応する支援
③サービスの質の確保、向上に向けた環境整備

具体的には、「就労定着支援」「自立生活援助」「居宅訪問型児童発達支援」といったサービスの新設がありました。

高齢者の介護保険サービスの利用者負担軽減や、障害児支援の拡充およびサービス提供体制の計画的な構築を目的として、児童福祉法による障害児福祉計画の策定も義務付けられています。

【新設】就労定着支援とは?

ササミレッド

障害を持って働く方の生活リズムの調整や、体調管理のお手伝いをするサービスだよ

平成30年度の障害者総合支援法の改正より「就労定着支援」が創設されました。

就労定着支援は、生活介護、自立訓練、就労移行支援または就労継続支援を利用して一般就労を行った障害者で、就労に伴う環境変化によって生活面の課題が生じている者が対象となります。

利用者の自宅や企業を訪問することより、月1回以上は障害者との対面支援を行い、生活面での課題を把握するとともに、企業や関係機関等との連絡調整や、それに伴う課題解決にむけて必要となる支援を行うサービスです。

就労定着支援の具体的なサービス

【生活支援】
生活リズム、生活環境、衛生管理、健康管理、服薬管理などを行う。

【助言・相談】
雇用に伴って生じる日常生活や社会生活を営む上での問題解決。

※自立生活援助による支援内容の範囲を含むため、自立生活援助との併用は認められていません。

就労定着支援は、訪問型自立訓練の相談援助内容の範囲を含むことや、就労定着支援の利用者様が一般雇用で就労していることから、訪問型自立訓練との併給は認められていませんが、その他の障害福祉サービスの併用利用には制限がありません。



【新設】自立生活援助とは?

テバサキブルー

定められた期間で、巡回訪問や随時対応で利用者様の安全を守るぜ!

平成30年度の障害者総合支援法の改正より「自立生活援助」が創設されました。

自立生活援助は、障害者支援施設や、グループホーム、精神科病棟から地域へ移行した障がい者が対象です。

理解力や生活力に不安がある方や、障害、疾病で支援が必要な方にサービス提供を行います。

利用者の居宅を月2回以上訪問し、食事、洗濯、掃除などに問題が無いか、公共料金や家賃の滞納が無いか、体調の変化や通院状況の把握などを行い、必要があれば医療機関や行政と連絡調整を行います。

定期的な訪問の他、利用者様からの相談や要請があった際も、訪問や電話、メールでの随時対応や利用者の状況把握を行い、必要な情報提供や助言を一体的に行います。

「より多くの顧客を毎月獲得するために介護事業オーナーが必要とする全てのこと全5回のウェブ・セミナーシリーズ」

【新設】居宅訪問型児童発達支援とは?

モモニクピンク

在宅で障害のある子供たちに発達支援の機会を確保するのよ!

ササミレッド

訪問支援から通所支援へ社会生活の移行を推進する役目も担うぜ!

平成30年度の障害者総合支援法の改正より「居宅訪問型児童発達支援」が創設されました。

重症心身障害などの障害によって外出が非常に困難な場合や、感染症にかかりやすく重篤化する可能性のある場合など、子供の状態を理由として外出が出来ない障害児がサービス対象です。

サービス内容は、居宅を訪問し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与など発達支援を提供することです。

【新設】日中サービス支援型共同生活援助とは?

オーナー

 重度障害者支援のため、1つの建物へ入居を20名まで認めた新たな類型のグループホームだ

平成30年度の障害者総合支援法の改正より「日中サービス支援型共同生活援助」が創設されました。

障害者の重度化、高齢化に対応できる常時の支援体制を確保するため、共同生活援助の新たな類型であるのが「日中サービス支援型共同生活援助」です。

重度の障碍者が地域において家庭的な環境や地域住民との交流をしながら、自立した生活を営み、身体及び精神状況に応じたサービスを受けられるように体制を整えます。

具体的には、共同生活住居において、相談、入浴、排せつまたは食事介助を行うサービスを提供します。



共生型サービスの特例とは?

はとぽっぽ博士

障害者施設を利用していた方が、65歳以降も引き続き通うことができるようになったんだ

住み慣れた環境でサービス利用ができるように、障害福祉サービス利用者が介護保険の適用となる65歳になった場合でも障害福祉サービスを継続利用をすることが可能となりました。

介護保険の居宅サービスなどの指定事業者について、障害福祉サービスの居宅介護、生活介護、短期入所の指定を受ける場合や障害福祉サービス事業所が介護保険の居宅サービスの指定を受ける場合に特例が適用されます。

愛知県内で輝ける職場を探しているサービス管理責任者のあなたへ

モモニクピンク

利用者さんへの現場支援に加えて、支援計画や書類の作成・・・・
サービス管理責任者のお仕事って大変だわ!

テバサキブルー

日々の業務もそうだが・・・
サビ管の離職理由は運営側と従業員との板挟みになりストレスを抱える問題が一番だ

ササミレッド

厚労省の調べでは、結婚生活や育児を続けながら働ける環境にない職場が沢山あるようなんだ・・・。
運営体制に問題があって辞めてしまうサービス管理責任者も少なくないというわけだな

はとぽっぽ博士

せっかく利用者さんに良いサービスを提供したいと考えている管理者さんが辞めてしまうのはもったいないことだね。
自分の理想の職場を見つけたい!
そんな方は、他の事業所に目を向けてみるのもいいかもしれないね。

「就労センター サービス管理責任者・無料登録募集」
オーナー

賞与や残業時間の少なさも働く側にとって嬉しいね。
あなたの理想の職場はどういったところかな?