高齢者福祉

『介護保険制度』仕組みについて社会福祉士がわかりやすく解説!

福祉 介護 キャラクター

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

ナンコツブラック

福祉にまつわる疑問を、俺たち鶏肉ヒーローが解説するぜ!

モモニクピンク

あたし達と一緒に勉強しましょう!

スナギモイエロー

あなたや、あなたの周りで困っている人を、福祉の知識で助けてほしいんだ

テバサキブルー

わからないことは、お問い合わせフォームやプロフィールのフォローボタンで直接質問をしてくれ!

オーナー

今日は【介護保険】ついて

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

介護保険ってなに!?

はとぽっぽ博士

【社会全体で介護を行う】ことが介護保険の目的だ

「介護保険」は、介護を社会全体で支えあうために、平成12年(2000年)から始まった社会保険です。

介護保険が必要となった理由として、少子高齢化があります。

介護を必要とする人が増えた反面、核家族化が進み、高齢者世帯も増加したことから、家族だけで介護を行うことが難しくなったことが背景にあります。

 

介護保険は社会保険の一つです。

社会保障制度として日本の公的保険は

「医療保険」「介護保険」「年金保険」

「雇用保険」「労災保険」の5つがあります

介護保険が出来るまでは、訪問介護や介護施設などの事業所は、市区町村の老人福祉サービスで賄われており、利用者さんにサービスが必要かどうかは行政が判断していました。

この行政判断による制度は「措置制度」と呼ばれています。

介護保険が出来た後は、利用者さんやご家族が、福祉事業所と契約を結ぶ「契約制度」に変わりました。

 

介護が必要になる原因は?

ササミレッド

 健康な状態で日常生活を送ることが出来る期間のことを「健康寿命」と呼ぶんだ

日本人の平均寿命が延びるに当たって、介護を必要とする高齢者が増加しました。

男性では9年、女性では12年も健康寿命が平均寿命より短いとされています。

 

日本人の死亡原因の1位は「悪性新生物(がん)」であり、時点に心筋梗塞、心疾患、肺炎などが続きます。

介護原因の1位は、「脳血管疾患」。次は認知症、高齢による衰弱と続きます。

これらの要因はすぐに死亡に繋がる要因とはなりにくいため、日常生活を送るには介護が必要となります。

 

就労センター サービス管理責任者・無料登録募集プログラム

介護の目的って何だろう?

ナンコツブラック

ご利用者様が、その人らしい暮らしを続ける支援をするのが介護士の役目だぜ

医療では、病気やケガの治療と回復を求めます。

介護では、その人らしい生活を続け、自立できるように援助をすることが目的とされています。

自立援助とは、今までの生活習慣を変えずに、生活を維持する手伝いを行うことを指します。

大切なのは、「出来ることは自分で行い、出来なくなることを介護者が補うこと」です。

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすためには、介護はもとより医療的ケアが重要となります。

介護保険には「訪問看護サービス」が適用範囲内とされているように、介護と看護の連携はとても重要であるとされています。

市区町村の地域支援事業では、在宅医療と介護・看護連携の推進を掲げた「地域包括ケアシステム」が行われるなど、多種にわたる事業者の連携が求められています。

 

「老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら かいごDB」

介護保険の【保険】の意味とは?

テバサキブルー

介護保険は強制加入のシステムだ。国民全体で高齢者を支える仕組みになっているよ

保険とは、みんなでお金を出し合い、そのお金を管理運用しながら、万が一の出来事が生じた際には、その財源から保障をするシステムを言います。

介護保険料を徴収して給付を行うのは市区町村であり、【保険者】と呼ばれます。

保険料を支払い、保険に加入した国民は【被保険者】となります。

介護保険料を支払う人は40歳以上の国民です。

被保険者は、介護が必要な状態になった際に、介護保険を使いサービスを受けることが出来ます。

65歳以上の第1号被保険者は、個人で加入します。

40~65歳までの第2号被保険者は世帯ごとの加入となるため、健康保険料に合算して納付を行います。

第1号被保険者:65歳以上で市区町村に住所がある人

第2号被保険者:40~65歳で市区町村に住所があり、医療保険に加入している人

保険者:市区町村

介護保険に加入できない人

・40~65歳で医療保険に加入していない人。

・介護保険適用除外施設(指定障害者支援施設や救護施設など)に入所している人

・日本に在留資格を持たない外国人

生活保護を受けている場合

生活保護を受給している方も介護保険料は免除となりません。

40歳以上であれば被保険者となるため、「生活扶助」の介護保険料加算分より支払う必要があります。

在宅の介護でお困りのあなたへ

モモニクピンク

毎日の家事や仕事をしながら、お家で介護をするのは大変だわ!

テバサキブルー

親の介護に責任を感じて、精神的に追い込まれてしまう人もいるんだ

ササミレッド

認知症になってしまうと、外を徘徊して事故にあう危険性も高くなってしまう。かといって、ずっと家に居るようにすると認知症は進行してしまう。

どうしたらいいんだ!?

はとぽっぽ博士

そんな時は、介護施設を活用しよう。

介護付き有料老人ホームや

グループホーム、ケアハウスなど

症状やニーズに合わせて様々な介護施設が存在するよ。



オーナー

アドバイザーが施設利用まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっと理想の施設も見つかるはずだよ

介護アカデミー
カイゴジョブアカデミー