障がい者福祉

障害福祉サービスの開業はどうすればいいの?指定申請の要件や手続きについて

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、指定申請のポイントを踏まえつつ

福祉関係者の方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【障害福祉サービスの開業】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

開業には指定申請が必要

はとぽっぽ博士

居宅介護や療養介護、短期入所も障害福祉サービスに含まれるよ

障害福祉サービスを提供する事業者となるためには、サービス事業者としての要件を満たした上で、行政の指定を受けることが必要です。

指定を受けた事業者の事を、「指定障害福祉サービス事業者」と呼びます。

指定を受けるためには、行政の担当部署に相談し、指定申請書などの必要書類を提出しなければなりません。

提出後は審査や現地調査が行われ、問題が無ければ指定されます。

指定は行政によって審査期間や項目が異なっているため、注意が必要です。

指定申請を受けるための要件

ササミレッド

指定は事業の種類、事業者ごとに行われるよ

指定事業者になるためには5つの要件を満たす必要があります。

事業者の要件

①申請者が法人格を有していること。
②事業所の従業員の人員が省令で定める基準を満たしていること。
③法律や指針で定める基準に従って適切な運営ができること。
④指定申請の5年以内に障害福祉事業に関して不正行為や不当行為がないこと

「デイサービス虎の穴【開業編】

事業者としての心構え

テバサキブルー

事業者は、利用者様やご家族が自立生活を営むための最大限の努力が求められるぞ

事業者は、ご利用者様やご家族様の意思決定支援に配慮するとともに、市町村、ハローワーク、教育機関などと連携を取りつつ、常に利用者様の立場に立ってサービス提供を行わなければなりません。

過去に違反行為があるなど、事業者としてふさわしくない者は、指定を受けることができません。

指定申請の際に、開業が認められない場合もあるため、注意が必要です。

指定が受けられない場合

・申請者が行政の条例で定める者でない場合
・申請した事業所が人員基準を満たしていない場合
・申請した事業所が設備基準を満たしていない場合
・申請者に欠格事由に該当する場合

事業者の指定基準

モモニクピンク

人員基準のことは、「指定基準」
設備基準の事は、「最低基準」と呼ばれるのよ

障害福祉サービスの指定基準は、障害者総合支援法を前提とした基準です。
指定基準は、サービスごとに定められています。
事業の開設当初に過度の費用負担が掛かることを避け、地域間の不公平が出ないように、事務所といった直接サービスの実施に関わらない場所については、名分上の規定はされていません。
設備基準は、事業者の新規参入を促すため、地域によっては、空き教室や空き店舗を使うことで、設備費の高額負担を避けることもでき、地域の活性化に繋がる場合もあります。

人員基準・設備基準・運営基準

オーナー

商工会議所を始めとして、無償で創業の相談に乗ってくれる機関は沢山あるよ

障害者総合支援法に定められている基準には、「人員基準」「設備基準」「運営基準」があります。

それらの基準は、日中活動系、居住系のどちらの障害福祉サービスを行う場合も当てはまります。

質の高いサービスを低コストで一人でも多くの人に提供できるように、区分や内容、定員、達成度に応じて報酬が設定されています。

施設系事業では、人口規模が小さいところも、地域の特性と利用者様の状況に合わせて、複数のサービスが一体となった多機能型の申請が認められています。

事業者の指定は、6年ごとに更新が必要な他、指定の取り消しが行われる場合もあります。

就労センター サービス管理責任者・無料登録募集プログラム
指定基準のポイント

【人員基準】
サービス提供に必要となる職員についての基準。
サービス管理責任者や、サービス提供責任者について規定しています。

【設備基準】
サービスを行う施設に関する基準。
サービスの質を維持するための必要最低限の環境について規定しています。

【運営基準】
サービスの内容と提供する手順についての基準。
利用者が負担する金額の範囲や、虐待防止の責務について規定しています。

福祉事業の開業を目指されているあなたへ

モモニクピンク

資金計画や、事業計画、テナントの契約・・・やらなければならないことが沢山だわ! 

テバサキブルー

人員基準を満たす従業員のリクルートは、手を抜いてはいけないポイントだぜ!いい人材の見極めは難しいからな

ササミレッド

始めるのも大変だが、事業継続はもっと大変だよ。
運営体制に問題があって廃業してしまう事業主も少なくないからね

はとぽっぽ博士

せっかく利用者さんに良いサービスを提供したいと考えている事業主さんが廃業してしまうのはもったいないことだね。
自分の理想の事業所を作りたい!
そんな方は、オンラインセミナーに目を向けてみるのもいいかもしれないね。

「より多くの顧客を毎月獲得するために福祉事業オーナーが必要とする全てのこと全5回のウェブ・セミナーシリーズ」

オーナー

賞与や残業時間の少なさも働く側にとっては嬉しい事だね。
あなたが作る理想の事業所はどういったところかな?