児童福祉

乳児期の育てにくさの解消法とは!?乳幼児健診の4つのポイントを解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、乳幼児健診のポイントを踏まえつつ

福祉関係者でない方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【障害の早期発見】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

乳幼児健診で発達度合いがわかる!

はとぽっぽ博士

乳幼児健診は、障がいの早期発見にかなり重要な役割を果たすよ

障害を早期発見し、なるべく早く改善に取り組むことは、障がいによる生活上の困難の軽減につながります。

乳幼児健診では、障がいやその疑いの発見となる対応はもちろんのこと、育児上の困難や虐待などの発見と対応といった社会的養護の役割も担っています。

聴覚障害を例に挙げると、新生児聴覚スクリーニングを行うことで、0~1歳代での障害の発見が可能となります。早期で補聴器を使用することにより、音を聞き取る能力も高まり、言語獲得といった発達に大きく影響します。

脳性麻痺といった運動障害に関しても、早期発見によって適切な訓練を行うことで、身体の自由度を高めることが可能です。

早期支援は、個別の療育や訓練だけではなく、基本的な生活リズムの確立や、コミュニケーションの土台を育む上でも重要とされています。

「軽度発達障害」とされる子で、乳児子後半の健診や1歳半健診時点で診断が出ていない子に関しても、親御さんの抱える「育てにくさ」や、「育児困難」に対して、各専門家から適切なアドバイスを受けることは、その子に合った療育・保育につながるため大切です。


乳幼児健診の実施主体とは?

ササミレッド

1歳6ヶ月や3歳での乳幼児健診で早期発見に活用しやすいのは、広汎性発達障害だ!

乳幼児健診の準拠法は、母子保健法であり、各市町村が実施するものとされています。

1歳6か月健診や、3歳児健診の他にも、各自治体によって多種多様な形態もって健診が実施されています。

昭和後期までは、発達遅滞や自閉症の発見は3歳児健診で発見されることが多くありました。

近年では、1歳半健診での発見が多くなっています。

1994年の地域保健法の制定に伴い、母子保健法が改定され、乳幼児健診の実施主体は市町村に一元化されました。
2005年には、乳幼児健診が一般財源化されています。

乳幼児健診の4つの役割

テバサキブルー

歯科健診や予防接種など、母子保健サービスを通して、発達の遅れや偏りが見つかることもあるぜ!

乳幼児健診には、①育児相談、②早期発見、③他機関紹介、④社会的養護の4つの役割があります。

①育児相談・・・

児童の健康の確認を主とした役割です。

集団検診の場合は、医師、保健師、看護師、歯科衛生士、栄養士、発達相談員、保育士などが参加し、多面的に育児相談や助言を行う場となっています。

②早期発見・・・

障害や疾患の早期発見を担う役割です。

障害児の発達保障の出発点であり、親御さんの障害受容や、心構えを作るための第一歩となる場合があります。

③他機関紹介・・・

乳幼児健診の時点で、すでに他の機関で療育支援を受けている児童の把握を行う役割を担います。

医療機関で療育を受けていても、育児相談や、療育・保育の適切な場所、地域で行われている「親の会」の紹介、福祉サービスの利用方法の説明や紹介を行います。

④社会的養護・・・

育児困難によって虐待被害にあっている児童の発見を担う役割です。

児童相談所や、療育センターなどと密接に連携を取りながら、問題解決を図ります。

「スグに使える!0歳赤ちゃんの発達あそび100選!

乳幼児期に大切にしたいこととは!?

モモニクピンク

乳幼児期は、コミュニケーションの取り方や遊びの性質など、子どもの発達を確認するのに重要な時期なの!

乳幼児期に育てたい力の一つに、規則正しい生活リズムの土台を作ることが挙げられます。

よく食べて、よく寝て、よく遊ぶといった子供らしい事が、障がいがあることによって、うまく獲得されない子もいます。

しかし、適切な支援を受け、好きな遊びや好きな環境ができることで、その子らしい生活を送れるようになると、少しずつ生活リズムが整っていきます。

また、人を求める心を育むことも乳幼児期に大切となってきます。

人に興味を持ち、好きになることで、外界に対する不安を乗り越えて新しいことに挑戦していくことができるようになります。

生活の中で、その子自身の自立心を育てるためには、目的と理由を明確にしましょう。

例えば、「くつの履き方」を丁寧に教えるのではなく、「お散歩に行きたいから靴を履きたい」と子供が思えるように支援をしていくことが大切です。

身体を使った遊びや、手足を使った遊びを通して手ごたえを得ることも乳幼児期には欠かせません。

歌に合わせて体を動かすことが出来ると、「見て!見て!」と出来たことを見てもらおうとアピールします。

成功体験を伝えたい相手と、伝えたい中身を作るうえでお友達の存在が重要となります。

社会性を構築する上でも、コミュニケーションの土台作りは、その後の療育・保育に大きく影響します。

「認可保育園の 入園選考に対応した 保活マニュアル」

保育士として、もっと輝ける職場をお探しのあなたへ

モモニクピンク

子供達への支援に加えて、記録や保護者様対応・・・・
保育・教育のお仕事って大変だわ!

テバサキブルー

職員の離職理由は、サービス残業や制作の持ち帰りなど、仕事量の多さが一番高いようだ

ササミレッド

厚労省の調べでは、有給休暇や育休産休が取りづらいなどで、退職する保育士さんもかなり多いようなんだ・・・。
運営体制に問題があって辞めてしまう保育士さんも少なくないというわけだな

はとぽっぽ博士

せっかく子どもたちに良い支援をしたいと考えている保育士さんが辞めてしまうのはもったいないことだね。
自分の理想の職場を見つけたい!
そんな方は、キャリアコンサルタントに相談してみるのが良いかもしれないね。

保育士求人サンライズ
オーナー

エントリーから就職まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっとあなたの理想の職場も見つかるはずだよ