高齢者福祉

介護費用を節約するポイントは!?少額で良質なサービスを受ける方法を解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、介護サービス費の節約ポイントを踏まえつつ

福祉関係者の方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【上手に介護費用を節約する方法】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

受け身でいると介護費用は膨れ上がるかも!?

はとぽっぽ博士

ケアマネージャーにすべてを丸投げすると管理ができなくなるよ

ササミレッド

積極的に介護に関われば、介護費用を抑えることにもつながるぞ

介護保険の認定を受けたら、ケアマネージャーにケアプランの作成を依頼します。

ケアマネージャーから、サービス内容や費用について説明を受けますが、なかなか内容を把握するのは難しいでしょう。

ケアマネージャーが作成するケアプランも、頼む方が理解できないと、全てを任せてしまいがちです。

しかし、介護サービスも、ケアプランの見直しも事業者に任せっきりになってしまうと、質の良い介護を受けることも難しくなります。

介護に受け身になってしまうと、介護費用を多く払っているわりに、本人は満足せず、ご家族の負担も軽減されないという状況に陥ってしまう方もいます。

介護費用を節約するためにも、どんなサービスを望んでいるのか、今のサービスで満足できているのかをきちんと事業者に伝えることが重要です。

「1割負担なら使わなくては損」は危険な考え

テバサキブルー

自己負担は1割だとしても、9割は介護保険から支払われているんだ

介護保険は、要介護認定を受け、支給限度額内ならば原則1割の自己負担で介護サービスの利用が可能です。

ケアプランの作成費は自己負担なしで依頼が出来ます。

利用者目線であれば、介護サービスは1割負担、ケアプランは無料というイメージとなりますが、介護サービス費の9割とケアプラン作成費用は介護保険で賄われています。

介護費用を1円でも安くするためには、無駄を省くことが大切です。

1割で介護サービスが利用できると思うと、「とりあえず頼もう」といった安易な考えに繋がってしまいます。

不必要なサービスがかさんで、1割負担であったとしても高額な支払いとなる場合もあります。

1000円の介護サービス費を無駄にすると、9000円の介護保険費を無駄にすることになります。

その結果、介護保険料が上がってしまったり、介護サービスの質が低下することにもつながるため、必要なサービスを、必要な分だけ使うように心がけましょう。

介護保険以外のサービスを組み入れてみよう

モモニクピンク

介護保険以外でも高齢者サービスは沢山あるわ!

介護保険で利用できるサービスの他にも、市区町村が高齢者を対象にしたサービスが沢山あります。

介護保険サービスと、保険外サービスをうまく掛け合わせることで、介護の質を向上させることが可能です。

介護保険外サービスは、要介護、要支援認定が非該当の方でも利用することが可能です。

介護認定を受けている場合は、ケアマネージャーにどういったサービスがあるかを尋ねてみましょう。

介護認定をまだ受けていない方の場合は、市区町村の担当部署や、地域包括支援センターに尋ねてみるとよいでしょう。

 

介護保険外のサービスの例

事業名称と内容

【配食サービス】
一人暮らしや高齢者世帯へバランスの良い食事を提供。
【有償家事援助】
市役所を通じて支援員となっている地域住民が、家庭内の整理整頓や買い物などの援助を低額で行う。
【移送サービス】
医療機関への送迎を無料で行ったり、福祉車両の貸し出しを行う。
【電磁調理器の購入助成】
発火の危険性が無い、IHクッキングヒーターなどの電磁調理器に取り換える購入費を助成する。
【徘徊高齢者緊急ネットワーク】
徘徊認知症高齢者の早期発見や、事故防止のために町内や警察と連携しているシステム。
【住宅改修支援】
バリアフリー住宅への改修費の一部を助成。
【訪問理美容】
外出困難な高齢者が住む住宅を、専門家が訪問し理美容サービスを提供する。
【認知症高齢者見守りサービス】
介護者が外出や休息ができるように、支援者が派遣され高齢者の見守りや話し相手を行う。

 

在宅への介護でお困りのあなたへ

モモニクピンク

毎日の家事や仕事をしながら、お家で介護をするのは大変だわ!

テバサキブルー

親の介護に責任を感じて、精神的に追い込まれてしまう人もいるんだ

ササミレッド

認知症になってしまうと、外を徘徊して事故にあう危険性も高くなってしまう。かといって、ずっと家に居るようにすると認知症は進行してしまう。

どうしたらいいんだ!?

はとぽっぽ博士

そんな時は、介護施設を活用しよう。

介護付き有料老人ホームや

グループホーム、ケアハウスなど

症状やニーズに合わせて様々な介護施設が存在するよ。



オーナー

アドバイザーが施設利用まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっと理想の施設も見つかるはずだよ