高齢者福祉

実際に介護で掛かる費用はどれくらい?5分で理解できる『介護サービス費』について

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、介護保険の費用のポイントを踏まえつつ

福祉関係者の方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【介護事業所の料金】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

介護保険の単価は地域によって異なります

はとぽっぽ博士

介護保険のサービス利用料は、「単位」によってきめられているよ

テバサキブルー

1単位10円が基本だが、都市部か地方であるかによって差があるんだ

介護保険のサービス利用料は「単位」で表されています。

訪問介護の身体介護「20分以上30分未満の場合」であれば「245単位」であり、利用料は「約2450円」、自己負担限度内であれば1割負担のため、「約245円」となります。

介護費用は、介護・看護職員の人件費の格差を考慮し、都市部ではサービスによって14%までの加算があります。

また、地方によっても山間部など交通の便が悪い地域は、中山間地に関する加算もあります。

1単位10円が基本であり、地域によって多少の差額は生じますが、1割負担で利用できる支給限度額は「単位数」によって定められているため、利用できるサービスの量はどの地域でも同じとなります。

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護費用は「基本料」だけではありません

ササミレッド

介護費用には基本料の他に沢山の加算があるぞ!

テバサキブルー

ケアプラン作成の際は、ケアマネージャーに加算割合をきちんと確認しよう!

介護保険を利用した費用を見積もる際に「基本料」のみで算定するのは注意が必要です。

訪問介護のうち身体介護の費用は「30分以上1時間未満は388単位」、

生活援助が「20分以上45分未満は183単位」であるため

1単位が10円の地域であれば、身体介護は388円、生活援助が183円の自己負担額となります。

しかし、利用する時間帯や、事業所の質、地域、緊急度などによって様々な加算が付きます。

介護費用の見積もりの際に、加算を計上しなければ、実際の請求額を確認した際に困惑することとなります。

「初回加算」や「地域加算」のように、必ず付加される加算もありますが、

「時間帯の加算」や、「特定事業所加算」などは、選択肢を作れば、節約が可能となる加算もあります。

福祉事業所によって費用が異なる場合があります

モモニクピンク

有資格者や実務経験者の多い事業所では、加算が認められているわ

ササミレッド

基本部分に足される加算も1割は利用者負担となるぞ!

サービス事業所の処遇改善を図るとともに、サービス向上に熱心な事業所には「特定事業所加算」と「サービス提供体制評価加算」が認めれています。

加算分の原則1割はサービス利用者が負担しなければなりません。

特定事業所の対象となる事業所は、対象外の事業所よりもサービスの質が期待できますが、料金が高くなります。

訪問介護の場合は、特定事業所と、それ以外の事業所では最大で20%の差が発生します。

身体介護の「30分以上1時間未満」は、388単位ですが、特定事業所(Ⅰ)の場合は466単位となるため、利用者は約78円ほどの負担額が増加することとなります。

通所介護は規模やタイプで料金が変わります

オーナー

通所系のサービスの場合は、施設が小規模になるほど利用料が高くなるよ

通所介護や訪問リハビリなどは、要介護者にとって食事や入浴介助を受けることができたり、交流の場になっていることもあり、人気の高いサービスです。

しかし、時間の枠は同じでも、施設の規模や、ご利用者様の人数によって利用料が異なる場合があります。

通所介護や通所リハビリテーションは、ご利用者様が少人数であるほど、手厚いサービスが期待できるため、利用料が高くなります。

また、短期入所生活介護には「単独型」と「併設型」の2種類があり、個室か多床室か、ユニット型であるかなど、居室のタイプによっても利用料が変わります。

料金が最も安くなるのは「特養併設型」であるとされています。

在宅への介護でお困りのあなたへ

モモニクピンク

毎日の家事や仕事をしながら、お家で介護をするのは大変だわ!

テバサキブルー

親の介護に責任を感じて、精神的に追い込まれてしまう人もいるんだ

ササミレッド

認知症になってしまうと、外を徘徊して事故にあう危険性も高くなってしまう。かといって、ずっと家に居るようにすると認知症は進行してしまう。

どうしたらいいんだ!?

はとぽっぽ博士

そんな時は、介護施設を活用しよう。

介護付き有料老人ホームや

グループホーム、ケアハウスなど

症状やニーズに合わせて様々な介護施設が存在するよ。



オーナー

アドバイザーが施設利用まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっと理想の施設も見つかるはずだよ