高齢者福祉

有料老人ホームってどんなところ?3つの特徴を社会福祉士が徹底解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、有料老人ホーム選びのポイントを踏まえつつ

福祉関係者にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【有料老人ホームの特徴】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

有料老人ホームってどんなところ?

ササミレッド

有料老人ホームは、介護サービスの提供の仕方によって、

「介護付き」「住宅型」「健康型」の3つに分けられるんだ

「有料老人ホームとは、介護や生活支援、食事、医療支援などのサービスが受けられる高齢者向けの集合住宅です。

有料老人ホームでの暮らしを望む高齢者が増えたことや、手厚い介護が受けられる住まいとして期待されているため、ここ数年間でとても数が増えています。

介護が必要ではない人も有料老人ホームに入居することができ、介護保険施設とは異なり、入居希望者と事業者の間で、契約が完了すればすぐにでも入居することが可能です。

介護施設選びでお困りのあなたへ!介護保険施設がどんなものか解説します!
有料老人ホームでは、介護保険で賄える費用以外は、すべて自己負担となります。

希望するサービスの有無や、料金体系について具体的に確認しておいた方が良いでしょう。

施設内で介護が受けられるのは「介護付き有料老人ホーム」

はとぽっぽ博士

介護付き有料老人ホームは市から「特定施設入居者生活介護」の指定申請を受けた事業者が運営いているよ

「介護付き有料老人ホーム」とは、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた事業者が運営する施設であり、パンフレットに「介護付き」「ケア付き」と記載することは、指定を受けている施設しかできません。

要介護・要支援の入居者に対する看護・介護職員の最低人員基準が定められており、機能訓練職員や生活相談員、ケアマネージャーの配置や、運営基準についても具体的に方法が定められています。

介護付き有料老人ホームは、「一般形」と「外部サービス利用型」に分けられます。

一般形の場合、ケアプランの作成から、実際の介護まで、すべてを施設スタッフが行います。

外部サービス利用型は、ケアプラン作成や生活相談を施設スタッフが行い、介護サービスはホームから委託を受けた事業者が行います。

地域の介護サービスを利用する「住宅型有料老人ホーム」

テバサキブルー

住宅型有料老人ホームでは、食事などの生活支援サービスのみを提供するぞ

オーナー

住宅型有料老人ホームは訪問介護事業所を併設している場合が多いよ

「住宅型有料老人ホーム」は、介護が必要になった場合も、住み続けることが可能であるが、介護サービスを利用する仕組みは、一般の住宅で生活している場合と変わりません。

入居者本人か、ご家族が居宅介護支援事業所のケアマネージャーにケアプランの作成依頼を行い、外部の介護サービスを利用します。

住宅型有料老人ホームのスタッフは、介護や介助を行わないため、ちょっとした頼み事がっ出来ないというデメリットもあり、訪問介護サービスの利用が支給限度額を超えてしまい、自己負担費用が高額になってしまうパターンもあります。

しかし、ご本人様の体調や生活リズムに合わせて、介護事業者を好きに選択できるのは、メリットであると言えます。



自立した高齢者が対象となる「健康型有料老人ホーム」

モモニクピンク

健康型有料老人ホームは、介護が必要になると退去しないといけなくなるわよ!

「健康型有料老人ホーム」は、介護を必要としない人だけを対象とするホームです。

食事などの生活支援サービスは提供しているが、介護が必要になるとホームに住み続けることが出来ません。

特徴としては、居室が広く、共有スペースが充実していることが挙げられます。

ご自身のペースで生活をすることが可能ですが、家事への負担や、一人での生活の不安を抱える人も少なくありません。

健康型有料老人ホームでは、介護が必要になった場合に退去をしなければなりませんが、退去後の転居がスムーズに運ぶように、介護付き有料老人ホームと提携しているところがあります。

契約の際には、将来的に介護が必要になった場合にどうしたらよいのかを確認しておく必要があります。

ご家族の介護施設をお探しのあなたへ

モモニクピンク

毎日の家事や仕事をしながら、お家で介護をするのは大変だわ!

テバサキブルー

親の介護に責任を感じて、精神的に追い込まれてしまう人もいるんだ

ササミレッド

認知症になってしまうと、外を徘徊して事故にあう危険性も高くなってしまう。かといって、ずっと家に居るようにすると認知症は進行してしまう。

どうしたらいいんだ!?

はとぽっぽ博士

そんな時は、介護施設を活用しよう。

介護付き有料老人ホームや

グループホーム、ケアハウスなど

症状やニーズに合わせて様々な介護施設が存在するよ。



オーナー

アドバイザーが施設利用まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっと理想の施設も見つかるはずだよ