心理的支援

あなたが、この心理パターンに当てはまる場合は要注意!過剰ストレスを受ける福祉職員の特徴とは!?

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、ストレス要因となるポイントを踏まえつつ

福祉関係者でない方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【ストレス対処】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

過剰ストレスを受ける人に特徴的な行動パターン

はとぽっぽ博士

人の役に立ちたいと思って仕事をするのは素晴らしいことだね。

けれども、度を越してしまうと、精神負担がとても大きくなってしまうよ

ササミレッド

過剰ストレスを受ける人には特徴的な行動パターンがあるんだ

元来、まじめなタイプの人は、小さいころから、自律神経のバランスが悪く、交感神経がいつも過剰緊張してしまいがちです。

福祉職を選ぶ方は、「何か人の役に立ちたい」と考える方が多いことでしょう。

大変なケースだと感じると、一生懸命に力になりたいと意気込んでしまい、オーバーフローしてしまう可能性があります。

オーバーフローが起きるまで、自分で過剰ストレスが掛かっていることがわからず、勘違いしながら、頑張ってしまうかたは少なくありません。

特に、認知症の方の支援に当たっている介護職員や、精神に障がいのある方をサポートする支援員などは、毎日が予測不可能な事態の連続になりがちです。

過剰なストレスを抱えてしまう人の行動パターンには

「自分が最後の砦だから頑張らなきゃ」

と意気込んでしまう特徴があります。

自分が陥りやすい行動パターンを知りましょう。

オーナー

辛い時は仲間に力を借りようね

テバサキブルー

君は一人じゃないはずだ。

大変な時は、助けてほしいと言える勇気を持つことが大切さ

福祉職員は、毎日が連続して尽きることの無い生活を支えています。

福祉職員の都合ではなく、ケアを受ける方に合わせて、ご本人やご家族様を支え続けます。

そのため、過剰なストレスが掛かっていても、行動パターンを切り替えることなく支援し続ける福祉職員によって、ご利用者さんの生活が保たれています。

支援者として、自身の精神疲労で倒れてしまう前に、自分が辛くなってしまうポイントを知っておきましょう。

自分だけで、ストレス対処を行うのは非常に困難です。

あなたが、自分の精神疲労に気づいた際には、職場の仲間や友人に助けを求めましょう。

決して恥ずかしいことではありません。

自分のことは人に教えてもらい、逆に誰かの精神疲労に気づいてフォローする関係性を築くことができれば、ストレスケアの近道となります。

個人的にできるストレスケアとは?

モモニクピンク

自分がどういう性格なのかを把握しておくことがポイントよ!

人の支援をする福祉職でいる以上、過剰ストレスを感じてしまうのは仕方ない部分があります。

その際に、自己を知り、自己がどういった考え方をして、どう行動するのか、どう反応するのかを知っておく必要があります。

自分の良いところ、悪いところを人と話し合うのも良い解決方法です。

自己イメージを他者と共有し、自分自身に嘘をつかずに、強いところも、弱いところもある自分を知ることが、自己コントロールの第一歩となります。

大切なのは自分を許すこと

はとぽっぽ博士

あなたが自分自身を追い込むことは、あまり良い方法ではないよ。

大切なことは、あなたが自分を認めてあげることだ

「自分自身」を知ったうえで、自分を許せるか、それとも「許せないか」で自己認識が変わります。

不完全な自分であっても、不完全であることを含めて「良い!」と認めてあげられるか、不完全な自分が「あってはならない!」と強く律するかに大きな違いがあります。

自分に対して、甘えの気持ちから「良し!」とするのではなく、自分を見つめた際に、弱さがあってなお自分を許して他人のために人生を使うことができるかが、ストレスコントロールの大きなポイントです。

完璧な人は存在しません。

しかし、自分の限界を知り、自らを律しながらも自分を許せる人になれば、生き方がずっと楽になるはずです。

今のお仕事に疲れを感じている介護士さんへ

モモニクピンク

利用者さんへの介護に加えて、記録や書類の作成・・・・
介護のお仕事って大変だわ!

テバサキブルー

日々の業務もそうだが・・・
介護職員の離職理由は人間関係の問題が一番高いんだ

ササミレッド

厚労省の調べでは、結婚生活や育児を続けながら働ける環境にない職場が沢山あるようなんだ・・・。
運営体制に問題があって辞めてしまう介護士さんも少なくないというわけだな

はとぽっぽ博士

せっかく利用者さんに良いサービスを提供したいと考えている介護士さんが辞めてしまうのはもったいないことだね。
自分の理想の職場を見つけたい!
そんな方は、キャリアコンサルタントに相談してみるのが良いかもしれないね。



オーナー

エントリーから就職まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっとあなたの理想の職場も見つかるはずだよ