高齢者福祉

介護の限界を感じる前に準備をしましょう!ご家庭で介護を続けるために必要な工夫

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉にまつわるお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、在宅介護でのポイントを踏まえつつ

福祉関係者でない方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【家庭で介護を続けるための工夫】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

症状が重度化しないようにしましょう

はとぽっぽ博士

家庭での介護で課題となるのはどういったことかな?

ササミレッド

代表的なのはやはり認知症だろう。

認知症の方を在宅で介護をするのは本当に大変だ

家庭での介護が困難となる原因の一つに「認知症の進行」があります。

異常ともいえる行動が見られるようになったら、家庭での介護に限界を感じる人が増えます。

認知症の進行を遅らせるには、周囲との交流を途絶えさせないことが大切です。

寝たきりの生活も介護の継続を困難にします。

リハビリをやめたりすると、身体機能が低下し、「廃用症候群」となり、認知症の症状も悪化してしまいます。

家庭介護の継続が困難となる要因は、介護をする側の健康問題やストレスも関係します。

長く在宅介護を続けるためには、無理をしない介護を心がけましょう。

一人で介護負担を抱え込むようなことはせずに、家族や親族、専門職に協力を仰いで、介護を助けてくれる人を増やしましょう。

介護保険を利用して、ヘルパーに来てもらったり、老人向けデイサービスへの通所など、解決する方法はたくさんあります。

夢しずく

寝たきりにならないように工夫しましょう

テバサキブルー

寝たきりになると認知症が進み、全身機能の低下につながるぞ

モモニクピンク

ベッド中心の生活ではなく、活発な生活ができるように工夫するのよ!

ベッドで寝たまま一日を過ごすようになると全身機能が低下し、要介護度が重たくなります。

高齢者が寝たきりになるのは、脳卒中や関節疾患、転倒による骨折などによってベッド上の生活になり、治療が終わった後もベッドから離れられなくなるケースが多くあります。

とくに脳卒中や麻痺は、言語障害が残ることが多く、不活発な生活になりがちです。

ベッドから離れていきいきとした生活を取り戻すことを目的に介護をすることで、自立した生活に近づくことができます。

自分のために手を掛けてもらうことを遠慮する高齢者は、ベッド上で放っておいてほしいと考えるでしょう。

しかし、放っておいてしまうと、症状がどんどんと重症化してしまいます。

麻痺がある場合は麻痺を軽減するリハビリを行うなど、日常で工夫をする必要があります。

認知症になっても快適な暮らしができるように工夫しましょう

はとぽっぽ博士

認知症の進行を遅らせるには、趣味や運動を日常で行うことが大切だよ

認知症による徘徊や夜間せん妄などの症状が頻繁にみられるようになると、家庭での介護が困難となります。

症状が進むと会話が成立しなくなり、寝たきりから全面的な介助が必要になります。

物忘れなどの症状が見られたら、意思に診断を仰ぎますが、認知症と診断されても家族は慌てないことが大切です。

ご家族の動揺が認知症を悪化させてしまうケースもあります。

認知症とはどんな病気かをご家族が知ることも大切です。

変わった行動が見られるようになっても、「認知症の初期症状」とわかっていれば、冷静に対処ができる場合もあります。

認知症は進行性の病気ですが、ご家族の工夫によって症状を緩和させることが可能です。

①寝たきりにしたり、部屋に孤立させない

②異常行動に慌てずに、冷静な対応をとる

③住み替えなど環境を変えるときは慎重に行う。

④栄養バランスの良い食事と、十分な水分摂取で脱水症や便秘になるのを防ぐ

 

 

在宅への介護でお困りのあなたへ

モモニクピンク

毎日の家事や仕事をしながら、お家で介護をするのは大変だわ!

テバサキブルー

親の介護に責任を感じて、精神的に追い込まれてしまう人もいるんだ

ササミレッド

認知症になってしまうと、外を徘徊して事故にあう危険性も高くなってしまう。かといって、ずっと家に居るようにすると認知症は進行してしまう。

どうしたらいいんだ!?

はとぽっぽ博士

そんな時は、介護施設を活用しよう。

介護付き有料老人ホームや

グループホーム、ケアハウスなど

症状やニーズに合わせて様々な介護施設が存在するよ。



オーナー

アドバイザーが施設利用まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっと理想の施設も見つかるはずだよ