児童福祉

発達障害児への療育プログラム4選!行動療法や感覚統合について解説

発達障害児への療育プログラム4選!行動療法や感覚統合を解説

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

はとぽっぽ博士

療育支援とはどういったものがあるかわかるかな?

ササミレッド

たくさんの種類があるんだよね

ナンコツブラック

この記事を読めば、悩みは解消だ!

モモニクピンク

あたし達と一緒に勉強しましょう!

スナギモイエロー

感覚統合訓練についてまとめたよ

テバサキブルー

支援のポイントもばっちりさ

オーナー

わからないことは、お問い合わせフォームやプロフィールのフォローボタンで直接質問をしてね

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。



 

療育とは子供の生活に必要な力を伸ばすプログラム

はとぽっぽ博士

療育はソーシャルスキルを高めるためにも必要なものだよ

子供は、成長していく過程の中で、社会生活のための沢山のスキルを身に着けます。

発達障害のある子も、それは変わりませんが、特性によってはスキルを身に着けるために少し工夫が必要です。

療育は、発達障害のある子に向けた支援プログラムです。

幼少期から子供の行動面に働きかけることで、身辺自立や、言語発達を促したりソーシャルスキルの向上を行うことが出来ます。

子供に合ったプログラムを行うことで、子供自身の能力やスキルを伸ばすことが可能です。

地域によっては、療育プログラムが就学前の子供に限られている場合もあります。

まずは、発達障害者支援センターや、保健所などに相談してみるのがよいでしょう。

「子供と接する仕事がしたい!」
「教員免許を活かした仕事につきたい!」
そんなあなたにピッタリ!

【名古屋市】就労支援に特化した、子供の未来を創る場所【放課後等デイサービス】

視覚支援を行うTEACCH(ティーチ)プログラム

ササミレッド

自閉症の子は、言葉より視覚情報の方が理解しやすいとされているぞ!

TEACCHプログラムは、スケジュールの見通しを伝えたり、「この場所ではこの作業」、「この机ではこの作業」と何を行うのかを視覚的にわかりやすく提示するものです。

自閉症スペクトラム障がいの子を対象としており、スケジュールを一連の絵カードで示すようにして見通しを立てるトレーニングを行います。

モモニクピンク

子供達への支援に記録、保護者様対応…
保育・教育のお仕事って大変だわ!

ササミレッド

厚労省の調べでは、有給休暇や育休産休が取りづらく退職する保育士さんもかなり多いようなんだ・・・。

はとぽっぽ博士

良い保育士さんが辞めてしまうのはもったいないことだね。

スナギモイエロー

困ったときはプロに相談だ!

【現場主義】コーディネーターが実際に訪問した、
お墨付きの優良保育園をご紹介【わたしの保育】

オーナー

きっとあなたの理想の職場も見つかるはずだよ

行動に焦点を当てたABA(応用行動分析)

テバサキブルー

子供の問題行動を減らすためのトレーニングだ!

問題を起こしてしまう「行動」について、その前の予兆である「先行状況」とその後の「後続状況を分析して問題行動を減らしていく療育です。

バスの中ですることがないと、大きな声を出すなど問題行動を起こしてしまう子を例にとって説明します。

先行状況である「することがないバス内」を、読書などで社内の過ごし方を工夫し、暇な時間を作らない工夫。

後続状況である「周囲に迷惑がかかる」を静かにできれば褒めるといった工夫を行います。

問題行動を減少させるために、大人がお手本を見せたり、困った行動には反応を示さないといった方法もあります。

体幹を鍛える感覚統合訓練

モモニクピンク

トランポリンやブランコなどの全身運動は、子供の発達を促すわ!

遊びや運動を通して感覚を刺激して、コントロールできるようにするのが感覚統合訓練です。

自閉症スペクトラム障がいや、発達障害の児童に行われる療育です。

身体のバランスが上手に取れず、姿勢が崩れてしまったり、うまく道具が使えない子に対して行われます。

遊びや運動の中で、複数の感覚を同時に刺激することで、その子が感じている苦手な部分を改善していく取り組みです。

 

 

PECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)

オーナー

カードのやりとりでコミュニケーション能力を高める療育だ

自閉症スペクトラム障がいなどで、うまく言葉が出ない子に有効とされています。

絵カードで指示をするのではなく、絵カードを子供が自ら選び、相手に手渡すことで、要求を伝え、そのカードと実際のものを交換する方法。

欲しいもののカードを選んで渡すことから始め、少しづつ絵で示す言葉のレパートリーを増やしながら、コミュニケーション能力を高めていきます。

一日に何度もお菓子やジュースを欲しがる子には、カードの枚数を制限するなどして、数の概念を教えることもできます。

「福祉のプロを目指したいけど、どの学校が良いのかなぁ・・」
「資格が沢山あって、どれにすればいいかわからない・・・」

そんなあなたはもう大丈夫!

医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

医療事務、心理カウンセラー、介護福祉士、介護事務など福祉資格の資料がすぐに手元に!

 

今日のおさらい

はとぽっぽ博士

今日は療育プログラムを学んだね

モモニクピンク

療育方法がたくさんあることがわかったわ

スナギモイエロー

プログラムの内容も理解できたね

テバサキブルー

これで、もう療育の種別に関してはバッチリだぜ!

ササミレッド

 分からないことがあれば、お問い合わせフォームやSNSボタンから、質問をしてね






介護アカデミー
カイゴジョブアカデミー