障がい者福祉

発達障害者支援センターは何をしてくれるところ?

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉にまつわるお悩みはございませんか?

 

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

 

この記事では、社会福祉士・介護福祉士の国家試験対策となるポイントを踏まえつつ

福祉関係者でない方にもご納得頂ける情報を提供します。

オーナー

今日は【発達障害者支援センター】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

発達障害者支援センターとは

はとぽっぽ博士

発達障害者支援センターとは何か知っているかな?

モモニクピンク

はい、博士!

発達障害を持つ大人や子供に対して、専門的な支援を行う機関ですよねっ!

その通り!

では、どういった内容のサービスがあるのか見ていこう!

センターでは、専門家による総合的支援が受けられます!

発達障害者支援法の施行によって、発達障害者支援センターは各都道府県と政令指定都市に設置がされています。

発達障害者支援センター内には、社会福祉士、臨床心理士、言語聴覚士、精神保健福祉士、医師といった専門家が配置されており、発達障害に対する様々な相談に対応しています。

発達障害者支援センターでは、

「相談支援」

「発達支援」

「就労支援」

「普及啓発と研修」

といった4つの分野にわたって幅広い支援を行っています。

相談支援

はとぽっぽ博士

発達障害と診断もしくは疑いがある本人と、その家族や関係機関からの相談に応じているよ

コミュニケーションや気になること、学校や幼稚園など社会生活で困っていることなど様々な相談に乗ってもらえます。

福祉制度とその利用方法、保険医療、福祉、教育、就労などの関係機関への支援についても紹介してもらうことが可能です。

発達支援

ササミレッド

発達障害のある子や家族の相談に応じているよ!

家庭での療育もアドバイスしてくれる心強い味方だ!

知的発達や生活スキルに関する評価を実施したり、その子の特性に応じた療育や教育、支援の具体的な方法について、支援計画への助言を受けられる場合もあります。

必要な支援は一人ひとりによって異なるため、お子さんに合った支援を受けるためには、専門家の視点で支援計画を立案してもらうことはとても重要です。

必要とされる支援の内容によっては、児童相談所や、知的障害者更生相談所、医療機関などと連携をした支援を受けることが出来ます。

就労支援

テバサキブルー

発達障害のある人の就労に関する相談に応じてくれるぞ!

公共職業安定所、地域障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターといった労働関係機関と連携し求人情報を提供しています。

必要に応じて、発達障碍者支援センターのスタッフが、学校や就労先を訪問して、障がい特性や就業適性に関する助言を行い、作業工程や環境の調整を行うこともあります。

普及啓発と研修

モモニクピンク

発達障害を沢山の方に知ってもらうための広報活動をしているわ!

地域住民向けの講演会を開催したり、発達障害の特性や対応方法などについて解説したわかりやすいパンフレット、チラシなどを作成したりしています。

また、発達障害を支援する保険、医療、福祉、教育、就労などの関係機関の職員や、都道府県及び市町村の行政職員、保育士などを対象に発達障害に関する研修を行っています。

 

おわりに

発達障害者支援センターに相談するときは、母子手帳、成育歴、診断歴といった資料を前もって準備しましょう。

相談内容や、希望することを事前に整理して、簡単にメモにまとめておくと、漏れがなくなるため、より具体的な相談支援を受けることが可能となります。

細かな支援内容は地域によって異なるため、電話で問い合わせてから相談に出向くのが良いですね!