高齢者福祉

要介護申請はどうすればいいの?要介護申請の手順や必要なものを解説!

こんにちは。

社会福祉士の加藤です。

このブログでは、福祉にまつわる様々なことをとりあげて、

記事にしていきます。

福祉に関するお悩みはございませんか?

はとぽっぽ博士

福祉ってどんなものか知っているかな

ササミレッド

サービスが複雑で、よくわからない方も大丈夫!

ナンコツブラック

福祉にまつわる疑問を、俺たち鶏肉ヒーローが解説するぜ!

モモニクピンク

あたし達と一緒に勉強しましょう!

スナギモイエロー

あなたや、あなたの周りで困っている人を、福祉の知識で助けてほしいんだ

テバサキブルー

わからないことは、お問い合わせフォームやプロフィールのフォローボタンで直接質問をしてくれ!

オーナー

今日は【介護保険申請】について

あなたは、このテーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか

要介護申請のタイミングとは?

ナンコツブラック

要介護認定で多いのは、入院がきっかけとなる方だ

退院後、入院による筋力低下などにて歩行困難となるなど、今まで通りの生活を送ることが難しくなる方は少なくありません。

特別なきっかけがなくとも、「介護が必要かな?」とご家族が感じた際に、行政へ相談してから申請をするか判断をするのは大切です。

高齢者が病気やケガで入院したときは、医師と相談し、退院後に介護が必要だと見込まれる場合、入院中に要介護認定の申請を行います。

入院中は医療保険が適用されており介護認定が下りても介護保険の利用はできません。

しかし、介護保険の認定が決定するまでには申請から1か月ほど必要であるため、入院中の申請を勧められます。

地域包括支援センターについて

スナギモイエロー

 地域包括支援センターは、「高齢者の悩みをなんでも受け付ける相談所」さ!

地域包括支援センターは、全国の市町村において「日常生活圏域(およそ中学校区)」で設置されています。

「社会福祉士」「ケアマネージャー」「保健師」「看護師」といった職種の方が住民の相談を受け付けています。

地域包括支援センターは、【介護・保健・福祉】の3つのチームアプローチによって必要な支援を行うのが特徴です。

要介護認定を受けた場合は、ケアプラン作成のケアマネージャーを自由に選ぶことができますが、「要支援」のケアマネージャーは基本的に、地域包括支援センターに所属している者が行います。

しかし、地域包括支援センターの判断で要支援者の担当ケアマネージャーを民間の居宅介護支援事業所に委託することが可能です。

「介護福祉士を目指したいけど、どの学校が良いのかなぁ・・」
「福祉の資格が沢山あって、どれにすればいいかわからない・・・」

そんなあなたはもう大丈夫!

医療事務、心理カウンセラー、介護福祉士、介護事務など福祉資格の資料がすぐに手元に!

医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

要介護申請は誰が行うの?

モモニクピンク

要介護の申請は、「本人もしくは家族・親族」が行うことが基本よ!

地域包括支援センターでは、介護保険の説明を受けながら介護申請書(セルフプラン)の作成や、申請代行も可能で、役所へ足を運ばずに申請を行うことが出来ます。

また、地域包括支援センターの職員は自宅訪問も行うため、遠距離であったり移動が困難な方の依頼相談にも対応してくれます。

要介護申請は、ケアマネージャーを配置している居宅介護支援事業所も申請代行をすることができます。

後に、ケアプラン作成を依頼したいケアマネージャーが居る場合は、依頼するとスムーズに介護サービスが利用できるメリットがあります。

認定結果を待たなくても介護保険を使うことができる?

テバサキブルー

要介護になると予測できる人は、認定より前にサービスを利用できるぞ

原則として介護保険サービスは、要介護認定を受けた人しか利用ができません。

しかし、急に退院が決定し、翌日から在宅介護が開始されるパターンなど、急遽として介護サービスが必要となるケースがあります。

その際は、申請してから介護保険適用となるまで待つことは困難です。

急遽、介護サービスの利用が必要となった方に対しては、要介護認定の申請書を提出した際にもらえる「介護保険資格者証」を使用して暫定ケアプランを作成し、サービス利用開始を行うことができます。

要介護認定は、市区町村の役所へ申請した日に遡って有効となります。

申請日から認定結果が通知されるまでの期間に利用したサービスも認定された支給限度内であれば1~3割負担で介護サービスの利用が可能です。

テバサキブルー

  0円で介護資格の取得ができ、就業支援までサポートしてもらえるところがあるのさ

介護資格から就業支援まで【カイゴジョブアカデミー】
ササミレッド

未経験の君も、カイゴジョブアカデミーで、プロの仲間入りだ!

要介護申請で必要なもの

ササミレッド

役所であらかじめ必要な書類は確認しておこう!

要介護申請で必要なものは「介護保険要介護認定・要支援認定申請書」、「介護保険証」、「印鑑」の3点です。

申請書は、被保険者の住所がある市町村の窓口や、地域包括支援センターなどに置いてあります。

市区町村のホームページにアクセスすると、様式をダウンロードすることも可能です。

また、申請書に記入された主治医には、市区町村から意見書の作成が依頼されます。

主治医が居ない場合は、申請窓口で相談をすると、市区町村が指定する医師の診察を受けることとなります。

在宅の介護でお困りのあなたへ

モモニクピンク

毎日の家事や仕事をしながら、お家で介護をするのは大変だわ!

テバサキブルー

親の介護に責任を感じて、精神的に追い込まれてしまう人もいるんだ

ササミレッド

認知症になってしまうと、外を徘徊して事故にあう危険性も高くなってしまう。かといって、ずっと家に居るようにすると認知症は進行してしまう。

どうしたらいいんだ!?

はとぽっぽ博士

そんな時は、介護施設を活用しよう。

介護付き有料老人ホームや

グループホーム、ケアハウスなど

症状やニーズに合わせて様々な介護施設が存在するよ。

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら かいごDB
オーナー

アドバイザーが施設利用まで無料でサポートしてくれるのは嬉しいね。
きっと理想の施設も見つかるはずだよ